カタログギフト無効

冠婚葬祭のお礼のお返しにカタログギフトを使うケースが増えていますね。またカタログギフトをもらう側の立場になったこともあるのではないでしょうか。お返しって困りますよね、自分本位で渡すとかえって迷惑になってしまったり気を使わせてしまいます。また受け取る側もあまり使わないものだったりすると結局そのまま置いてるだけになってしまいますし。しかしカタログギフトはそんな双方の悩みを一気に解決するのでとても重宝されます。渡す側は、あれこれと悩まなくてすみます、でも気持ちは伝わります。

受け取る側も、不要なものを受け取らなくて良くてなおかつ、選べるワクワク感をもらえるわけですから。WINWINの関係が築けますよね。良いことづくしのカタログギフトなのですが、後で選ぼうかなと思っていてすっかり忘れて、大掃除なんかのタイミングで見つけ、選んでおこうと思った時にすでに有効期限が切れてるなんてこと結構ありますよね。長いようで短い有効期限。さあ、これどうしますか。切れて1か月ぐらいだったらもしかしたらチャンスがあるかもしれません。諦めるにはまだ早い、出してみてはいかがですか。その時にはダメ元で出しましょうね。

カタログギフトの会社によっては、商品をストックしてあることもあるので、ものによってはもしくはカタログギフト会社によっては期待できる場合もあります。物は試しで出してみてその返答を待ちましょう。カタログギフト会社が存続していれば何らかの対応はしていただけるようですよ。当然、期限切れであることは忘れないように。